スポンサーサイト 

  • スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超小型VAIOノート PCG-1P1L 米FCC入り・ソニー初のネットブック? 

  • コンピュータ
  • | トラックバック(0)
  • | コメント(2)

http://japanese.engadget.com/2008/12/01/vaio-pcg-1p1l-fcc/

PCG-xxxということで、vaioノートの新型っぽいですね。

写真の目測から、予想されるサイズは

24x14cm程度のフットプリントらしいです。

うおぉ小せぇぇ…と思ったら案外大きい気が…

四角かったvaio Uのサイズが165x113mm。最新のtype uでも150x100mmくらい。

正直こんな微妙なサイズが一番使いにくいと思うんですけどねぇ(WILLCOMの端末も)

微妙なサイズを買うくらいなら一段大きくて実用性の高い物が良いです。

やはり欲しいのはポケットサイズ。ZaurusサイズのWindowsXP搭載機が出ればもっと色んな用途に使えるんですけどね。

やっぱり自分で作るしか!!

スポンサーサイト

コメント

比較対象が間違っている気が…。
24x14cmは往年の名機VAIO C1とほぼ同じサイズです。(25x15cm)
原稿のType-Tとほぼ同じキーピッチ17mmのフルキーボードを備えるC1は、抜群に使いやすい機体でしたよ。
またネットブックでは標準的な、8.9インチワイド液晶がぴったりはまるサイズでもありますね。

確かにこのサイズで言えばtype uよりも今流行りのネットブック寄りでしょうね。
C1はMSXを使っていたことが有りますが、キーボードは良いもののゲームを良くする私にとってはCrusoeが致命的だったことを覚えています。
昔に比べて小型PCが増えたことは素直に嬉しいのですが、「これだ」と選べるような最良の選択肢が無いのでソニーには是非頑張って欲しいところです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tabularasa2.blog24.fc2.com/tb.php/95-7816a8e2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。