スポンサーサイト 

  • スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東芝、国内第2位に躍り出た液晶テレビ躍進の秘密 

  • 未分類
  • | トラックバック(0)
  • | コメント(0)

http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/11/18/regza/index.html

個人的にはシャープに頑張って欲しいと言うのはありますが。

うちの液晶テレビもREGZAのZ2000シリーズです。
このシリーズの良いところ、悪いところを一覧で紹介すると…


・なんと言っても安い。でもパネルはMADE IN JAPAN
・標準でDLNA搭載
・ネットワーク経由で録画可能
・動作がサクサク
・色合いが一番自然に見える(シャープは白飛び、ソニーは不自然な鮮やかさ、パナは地味
・リモコンが使いやすい

・本体が安っぽい
・東芝ブランド
・設定が難解だったりする



昔からそうですが、東芝機は使いこなせれば便利な機能が一杯あるのが魅力。更に最近はインターネットなどで調べたり出来るので、高機能さと価格で総合的に良い感じな東芝が選ばれているのだと思います。

個人的に今から液晶を買うとしたら間違いなくソニーですけど。

やっぱり部屋サイズ的に37型よりもうちょっと大きいのが欲しい、でも42型はちょっとでかい、という状況から、40型が有るソニーは良いかなと。

あと最近のソニーの液晶テレビはぱっと見て他のメーカーより綺麗に見えますね。液晶パネルの表面処理の違いでしょうか。

あと液晶の縁も高級感があり、隙が見あたらないのもポイント。

そしてやっぱり「SONY」ロゴが(・∀・)イイ!

値段も他のメーカーと比べて特別高いという訳でもないし、DLNAや本体録画を行わないならこっちで決まりですね。


…ただ、個人的にはやっぱりシャープに頑張って欲しいと言うのはありますが。
(大事なことなので二回言いました
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tabularasa2.blog24.fc2.com/tb.php/71-0d7f45b7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。