スポンサーサイト 

  • スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ETERNAL 輝光翼戦記天空のユミナ 

  • レビュー・感想
  • | トラックバック(0)
  • | コメント(0)


久しぶりのPC大作RPG?SLG?ADV?よく分からない作品「輝光翼戦記天空のユミナ」

エターナルというメーカーですが、どこかしらザウスの永遠のアセリアや聖なるかな臭がします。なんやかんやで結構面白かったのでご紹介。

因みにメーカーでは「超銀河級総選挙RPG」となっています。やっぱり意味判りません。

作品は馬鹿まじめ過ぎて進級が危うい某学園2年生の孤児ユミナと、何故か父親にスパルタ教育され、ユミナを助けろという理不尽な願いを馬鹿正直に守っている歩武のドタバタ学園ストーリー


…と思いきや、進級失敗により明るい未来を閉ざされたユミナが暴走し、生徒会(星徒会)会長となって進級制度自体を変えようと動き出す、論説バトルストーリー


…と思いきやあんなことやこんな事があって超ぶっとびな第二部があり、


最後はグランドフィナーレ、という、ネタバレ無しだったらどうしようもない説明しかできないような色んな要素が合わさった作品です。

基本システムは選択移動型ADVの形式を取っていますが、戦闘はスパロボ並みの無駄に熱い戦闘アニメーション!

戦闘システムはアセリアシリーズにマジックザギャザリングの要素(マナの量による行動制限)を追加した、戦略性の高いバトル。更に別世界には不思議なダンジョンがあったりクエストを達成していったり、ファンタジー世界だったり、アルトネリコみたいに謳うと強くなったり、はたまたスーパーロボット大戦だったりと、システム自体の紹介も何が何だかよく分からなくなってます。

基本的に最後の話に行くまでは3つのルートをクリアする必要がありますが、3人のメインヒロインのストーリーで、それぞれ全く違う展開となり、またアセリアシリーズと同様に、周回プレイ時にレベル引き継ぎや難易度選択もあるため、周回プレイが全く苦にならない出来になっています。

因みに私がクリアしたときの総プレイ時間は約100時間。RPGの中では結構やり込んだと思っていた真女神転生3ノクターンマニアクスより長い時間遊んでいた事になります。それも10日でやり終えたというんだから、どれだけこのゲームばかり毎日やっていたか判りますねw

CGは差分無しで95と少なめに感じますが、実際はかなり多く感じます。というのも、日常のイベントシーンは大抵がSDキャラによるエフェクト付きアニメーションなので、CGとしてカウントされないからです。

このゲームではキャラのSDが非常によく動きます。公式HPの動画などを見れば一目瞭然ですが、相当力入ってますね。


えちぃシーン?あーそんなの飾りですよ。

ぬるくもなく、かといって難しくもない絶妙なゲームバランスといい、ユーザーを飽きさせない周回プレイ毎に変わるストーリーといい、非常に完成された作品でした。惜しむらくは「次回作への複線」を張るような終わり方だったことでしょうか。

点数は92。近年まれに見る大作でした(個人的に

輝光翼戦記 天空のユミナ 特装版


追記:後で知ったんだけど、これってアセリアとか聖なるかな作ったメンバーが作ったらしいね。知りませんでした。そういえば最後の最後でそれっぽいキャラが(ぼそ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tabularasa2.blog24.fc2.com/tb.php/416-be7d73e8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。