スポンサーサイト 

  • スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄に行って来たー 

  • 旅行
  • | トラックバック(0)
  • | コメント(0)

卒業旅行ということで、大学のメンバー5人で沖縄旅行に行って来ました。
okinawa01.jpg

まさにめんそーれって感じ?(何
1日目は関空から那覇空港まで飛んで、そこからレンタカーでホテルまで直行でした。

レンタカーはFit。周りからしてVitzかDemioかFitな感じでした。

しかしFitに乗り込んで、いざ目的地のホテルを選ぶと…

「ルートが検索できません」




すると店員さんが来て

「ホンダの純正ナビなんで、時々こんな事があるんですよー」

と言い出しました。どうやら今回泊まるホテルが超僻地だったので駄目だったのと、純正ナビの性能が問題だったみたいです。

ということで、Demioに乗り換えて出発。ホテルは本島から1つ目の島を越えてさらにもう一つ行ったところにあったのですが、周りに何もないのに驚き。

何もないというのは文字通り。街灯どころか周りに光すら見えません。

1日目はとりあえず予定だけ立てて終了。

朝は早くからホテル巡り。流石周りに何もないだけあって綺麗綺麗。
okinawa02.jpg
プライベートビーチ。どうみても波が荒くて泳げませんw水は綺麗だけどね。


okinawa03.jpg
ホテル全景。こうやってみるとすっごい良い雰囲気。

2日目は沖縄の中部を回ってきました。古宇利島~美ら海水族館のルート。

海は本当に綺麗でした。まさにエメラルドグリーン。

okinawa04.jpg

その後は美ら海水族館の方面へ。

備瀬グク木並木通り。レンタル自転車で特攻。すっげーボロボロでした。
ブレーキ?変速?そんなの飾り(ry
okinawa05.jpg

昼ご飯はタコライス。結構美味。
okinawa06.jpg

浅瀬。写真では判りにくいですが、びっくりするほど近くで熱帯魚が泳いでるのが見えるのです。凄いです。
okinawa07.jpg

okinawa08.jpg

青い魚とか黒い魚とかなまことかウニとかいっぱいいっぱい。

美ら海水族館は4時から安くなる「4時からチケット」を使って入場。
okinawa09.jpg
やっぱりギネスにも登録済みの巨大スクリーンは圧巻。地元の海遊館にもコレ導入すればいいのに。

あと面白かったのがこの水槽。
okinawa10.jpg

水槽の中に手を入れることが出来るんです。圧力差を利用していると頭で判っていても実際体験してみると面白いですね。

水面の所に水で充填したストローを挿して、もう一方を地面に近いところに設置したらどうなるのかなーと考えたりしましたが怖くて実践できませんでしたw


そんなわけでぐったりして2日目終了!

3日目は南の方で嘉手納~首里城、国際通りルート。

嘉手納の道の駅で軍施設が見れるということで行って来ました。

途中凄い爆音がしたので上を見てみると、すぐそばを戦闘機が飛んでるじゃないですかw

慌ててシャッターを切るも小さくて殆ど写らない状態でした(´・ω・`)

とりあえず撮ったのがコレ。
okinawa11.jpg

はい、全く何かわかりませんw

じゃあ別の角度から拡大してもう一度。
okinawa12.jpg

後部の形的にはF-22ラプターみたい?専門じゃないのでよく分かりませんが、嘉手納の道の駅には色んな報道陣が来ていたのでもしかしたら良いときに来れたのかもしれません。

動画もちょこっと撮影していたので紹介。かなり近くまで来たのでコンデジでも撮影出来ました。


その後首里城へ。中にも入ってみましたが、中国っぽい部分と日本っぽい部分と独自の部分が混ざってて興味深い内容でした。
okinawa13.jpg


最後は国際通りでお土産探しと昼食(ソーキそば+ジューシー(かやくご飯?))で締め。
okinawa14.jpg

前回行ったときはもっと北部+もっと南部がメインだったので、今回の旅行はそれを補う感じで堪能できました。

この時期にも関わらず本州ではかなりの寒気到来で寒かったみたいですが、沖縄は過ごしやすく、半袖でも長袖でもOKでカラッと晴れた絶好の観光日和でした。

社会人になったらもっと豪遊できるような旅としてもう一度行ってみたいですね~
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tabularasa2.blog24.fc2.com/tb.php/369-03b72953

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。