スポンサーサイト 

  • スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TDP65WのCore 2 Quad Q9550s、消費電力が大幅減って本当? 

  • コンピュータ
  • | トラックバック(0)
  • | コメント(0)

http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20090122/1011618/

この記事だけ見ると、Q9550とQ9550sではかなり消費電力の差が見られるけども。

このうちCore 2 Quad Q9550は製品版ではなく、Core 2 Extreme QX9650の倍率を変更して2.83GHzにした相当品で評価した。初期の個体なので、若干消費電力が高めかもしれない。


え?おかしくね?

何で最も比較が重要なQ9550がQX9650の倍率変更でQ9550相当として動作させているのか分かりません。多分電圧の設定はQX9650のままなので、明らかに問題がありそう。

またQ9550はC0ステッピングとE0ステッピングがあり、これだけでも若干の消費電力低減が見られます。こういうのを考慮せずに何が比較なんだと思いますね。

うちのCPU-Zはこんな感じ。
cpuz.jpg
掲載されているQ9550sの結果はこんな感じ。
cpuz2.jpg

動作電圧(周波数)以外は全く同じ。

ということは、Q9550を買って、動作電圧を1.12Vにすれば同じ結果になるということ。選別品とはいえ、1.12Vで定格動作しないCPUはほぼ無いと思われるので、マザーボードで電圧変更出来る方は+8000円出してQ9550sを買うより、Q9550を買って電圧を下げて使う事をオススメします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tabularasa2.blog24.fc2.com/tb.php/247-81b8eb2a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。