スポンサーサイト 

  • スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイクの性能測定 

  • 未分類
  • | トラックバック(0)
  • | コメント(0)

先日友人と近くのバイク屋で馬力+トルクの測定をしてもらいました。

測定したのはHONDA250ccのVツインエンジンを積んだXelvis(ゼルビス)。
公称は

最高出力36PS/11500rmp
最高馬力2.6Kg-m/8500rmp


となっていますが、果たして!?



↓結果
xelvis2.jpg

最大出力33.2PS/11687rpm
最大馬力 2.3Kg-m/9317rpm



年式が1991年であること、走行距離40000km以上であることを考えると、非常に良い結果でした。Xelvisは最大馬力が小さい代わりに低~中速トルクが有るみたいな事を聞いたことありますが、そんなの気にならないくらいフラットですw

若干6000~8000rpm辺りでの伸びが良くなっている事から、この辺りを「(運転してて)気持ちいいゾーン」と勝手に呼ぶことにしましたww

「細かくメンテすればもっと良い結果が出ますよ」と言われましたが、これ以上良い結果になると公称値超えそうです。

改めてHONDAのVTエンジンの凄さを見せつけられた一日でした。


ちなみに友人Sの結果。
Image274.jpg
6300rpmで一気に落ちる不思議な結果。店の人も良く判らないと言っていましたが、何が原因なんだろ?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tabularasa2.blog24.fc2.com/tb.php/238-ef4ceca8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。