スポンサーサイト 

  • スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リューター買ってみました 

  • ものづくり・工作
  • | トラックバック(0)
  • | コメント(3)

色々物を作るときに便利だろうとリューターを買ってみました。

初めてだし、小さいのでいいやと小型のものを探していたのですが、研究室の友人が

リューターはパワーが有る方が絶対(・∀・)イイ!。大は小を兼ねる。でかいの買え

というので、ハズレ上等の覚悟でいかつい中華リューターを購入。

ついさっき届きました。

まず箱から。

リューター1

ぱっと見普通ですが、驚くほど工作精度が悪いですw

どれくらい悪いかというと、

から見たときと下から見たときの面積が5%くらい違う


と言えば分かりますでしょうか。

まるで小学生の工作レベル。流石中華クオリティ。

さてさて、中身を見てみましょう。

リューター2

ん?ドリルと間違えたかな?


という位のサイズ。結構でかい。消費電力87Wは伊達じゃない感じ。

早速回してみると、…思ったより音は大きくない。むしろ小さい。

でもトルクも無いw

まぁ、最低速だし、こんなもんだろ~と思い、回転数を上げていくと


いかにも高回転で回ってそうな甲高い音が聞こえてきます。

しかしこれも案外静か。これは嬉しい誤算。

だがやはり工作精度は酷い。本体を押すだけでプラスチックの本体がきしむ。

モーター最高速で使ったら部品飛んでいきそうw

あとこいつ、標準でフレキシブルケーブルが付いています。

リューター3
↑こんなやつ

持つ部分がかなり小さく、軽くなるので便利なのですが、問題は
フレキシブルケーブル自体が重いという事でしょうかw


何やかんやで案外出来は悪くない感じ。ぱっと回してみた感じだと軸のぶれも無いし、
高回転域のトルクは結構ありそう。

リューター4

こんだけ色々ついてて送料込みで5000円だったら有りっちゃあ有りかなぁ。

しかしこれが有ったら有ったでもっと小さいタイプが欲しくなる不思議。
スポンサーサイト

コメント

やっぱりプロ○ソンのような品質は期待出来なかったか、、SPADAの中華箱と同じように出来の悪さを補って余りある値段が魅力ってことやねーwとりあえず空中分解だけは警戒しろw

今さっき大学に持って行ったぞw
電気止まってたから帰って来たけど。

大学で流血惨事のフラグktkr

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tabularasa2.blog24.fc2.com/tb.php/22-684dfc73

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。