スポンサーサイト 

  • スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近使い出したオススメPC用フリーソフト 

  • コンピュータ
  • | トラックバック(0)
  • | コメント(0)

個人的メモ。PCを使い始めた頃(昔)のフリーソフトは、今のソフトに比べて性能面で劣っていたとしても慣れているため変えたくないんですよね。

しかしソフトも日々進化していて、昔は無かった便利なソフトがどんどん出てきています。ちょっと時代遅れな内容かも知れませんが、個人的にオススメなフリーソフトを2,3紹介したいと思います。




MediaCorder
統合動画変換ソフト。数え切れないほどの様々なコーデックに対応し、それらを統合した環境で変換可能な、何でもありなソフトです。

更にFLVやISO(DVD)からの直接変換やインターレース除去などの設定も可能。3passまでのフルオート設定も出来ます。細かい設定や画質にこだわらないなら、Aviutlを使うよりもこちらの方が簡単で楽ちんです。

問題は日本語未対応という所ですが、日本語化のパッチを配布して下さる方がいるので感謝して使いましょう。

MediaCorderダウンロード場所

日本語化パッチ配布所




SyncToy
Microsoft謹製のフォルダ共有ソフト。二つのフォルダを自動的に同期させます。便利なのは後で更新された内容が上書きされるので、どちらのフォルダで更新しても最新の情報で同期出来るところ。
バックアップを取る際には欠かせないソフトです。

こちらも英語のソフトですが日本語表示に対応していて、英語自体もそれほど難しくないのでオススメ。それでも英語が嫌という方はRealSyncというソフトをオススメします。

SyncToyダウンロード

RealSyncダウンロード




Everything
さて、最近流行りだしたソフトで、デスクトップ検索というものがあります。ごちゃごちゃになったPC内から欲しいデータを探してくるソフトですが、現在色んなソフトが出ています。
MSNの検索、Googleデスクトップetc...しかし、私はどれもイマイチ性に合いませんでした。

それはなんと言ってもソフトの使いにくさと更新時の重さが原因です。何故ちょこっとしたデータを探すのに一々ブラウザを使わないといけないんだとか、中身のプレビューとかする暇有ったらもっと早く探してこいよとか、そもそも検索用データを作るのに時間かかりすぎだろーとか思ったりします。

そこでこのeverything。何が凄いかって、その速度。初めて使ったときはとりあえず驚くと思います。RAID5で組んだ1.5TBのHDDですら1分とかからず検索データ作成しやがります。

どうやらNTFSの仕組みを使っているらしく、データの中身ではなくデータの名前と場所のみをデータベース化しているみたいです。

検索は日本語にも対応し、ネットワークドライブにも一応対応(相手側にサーバを立てる必要があります)。インクリメンタルサーチにも対応しているのですぐに検索結果が出てきますし、メディアファイルならそのまま再生も可能です。

弱点はNTFS(フォーマットの形式)にしか対応していないことですが、XP/Vistaを使用している方はほとんどがNTFSなのであまり問題ではありません。デスクトップ検索が遅いと思ったり、まだ使ったことない人には是非お勧めしたいソフトです。

Everythingダウンロード(β版じゃないと日本語検索出来ません)


ということで3つ紹介しましたが、全部良いソフトなので是非試してみて下さい~
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tabularasa2.blog24.fc2.com/tb.php/210-0d48003e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。