スポンサーサイト 

  • スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のSSD情報 

  • コンピュータ
  • | トラックバック(0)
  • | コメント(0)

今月から来年にかけて、次世代のSSDがデビューします。
その辺りをかいつまんで紹介したいと思います。

今値段が下がってきて普通に購入できるのは第二世代と言われています。

第一世代に比べ速度が著しく向上し、書き込み性能が3.5型HDDレベルまで上がった世代。
シーケンシャルリードが150MB/s前後、ライトが80MB/s前後の性能です。

性能と価格を考えるとかなりのレベルになってきたSSDですが、「プチフリーズ」という弱点があります。MLCメモリに起こるとか、JMicronのメモリコントローラチップを使用している物で起こるとか、ランダムの4k書き込みが遅いのが原因だとか色々言われていますが、詳しい話は置いといて、その問題を如何に解決し、性能向上されているかが次世代SSDの注目ポイントとなります。

いろんなHPを見たり掲示板を漁ったりしてみると、

・OCZ vertex(R:200MB/s W:160MB/s)
・OCZ apex(V3?)(R:180MB/s? W:140MB/s?)
・PhotoFast G-MONSTER V2(R:230MB/s W:160MB/s)
・PATRIOT Warp V3 (R:240MB/s W:160MB/s)
・Super Talent UltraDrive ME(R:200MB/s W:160MB/s)


等が挙げられます。

分解された人の話では、G-MONSTER V2の中身はJMF602(プチフリーズするといわれているチップ)+JMB390(RAIDコントローラ)で内部でRAID0になっているという話です。

RAID0にするとプチフリーズが無くなるという話も出ていたので、内部RAID0という手はメーカーにとっても消費者にとっても良い選択肢なのかもしれません(根本的な解決になってない気はしますが)

実際現在までの報告で上記のSSDにプチフリーズ情報はありません。

OCZ apexも公式HPで内部RAID0を用いているとの事ですので、おそらく同じか、似たような構成になっていると思われます。

http://www.nordichardware.com/news,8528.html

vertexとUltraDriveはそれぞれ公式掲示板でJMicronのチップを使っていないと取れる発言が見られ、またどちらのスペックを見ても、JMicron+RAID0の構成ではない感じです。

vertex

2) Does it still use a JMicron controller?
2) NO.



UltraDrive

>When asked if this latest batch of SSDs use the infamous JMicron controller
>which is known for stuttering during write operations,
>Super Talent Director of Marketing Joe James responded with a simple "No, they do not".



vertexは来年1月半ばごろ販売予定とのことなので、次世代SSDが本格的に販売されるのは来年に高になりますが、今後も進化が楽しみな分野ですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tabularasa2.blog24.fc2.com/tb.php/178-f03d5fee

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。