スポンサーサイト 

  • スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CPU以外のハードウェアを活用した動画トランスコードテスト 【ATI Stream編】 

  • コンピュータ
  • | トラックバック(0)
  • | コメント(0)

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/1224/tawada161.htm

速度や利便性で言えば、現在のnVidiaのCUDAよりは良さそう。


…ですが、圧縮が汚すぎ…

アニメなどを圧縮する場合、うちでは1280x720で映像がx.264-1000~1500kbps、音声がAAC128~192kbps程度で2パスエンコードを行っています。

このページで示された例を見るに、TMPGENCと比べても酷く汚い画像になっていて、とてもじゃないですが使う気にはなれません。

aviutlの設定通りに動作してCUDA/ATI STREAM対応のソフトウェアが出れば、大きく変わるとは思いますが、現状ではまだまだ動画保存用として使うのは無理がありそう。

しかしこの速度は素晴らしいので、今後は速度を維持したまま画質面での向上を期待します。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tabularasa2.blog24.fc2.com/tb.php/173-d03a5cdf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。