スポンサーサイト 

  • スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows XP SP3のサウンドデバイスにご用心(D945GCLF2) 

  • コンピュータ
  • | トラックバック(0)
  • | コメント(0)

先日不具合の出たIntelのAtom330搭載D945GCLF2ですが、昨日朝一で交換してきました。

そして帰宅後マザボを入れ直して、起動。


やっぱり音でねぇOrz

しかし2台連続でサウンドチップが認識されないというのはやはりおかしい。デバイスマネージャをよく見ると

「PICデバイス」


という気になるエラーが…多分コレっぽい。

しかしドライバを入れるにも、そもそもデバイス自体が認識されていないのでどうしようもない。しかし余りにも怪しい症状なので、サウンドチップに絞って調べてみると、どうやら他にも音が出ないという人が居るみたいでした。

その現象が起こる人に共通しているのは


・WindowsXP SP3を直接導入
・デバイス自体が認識しない
・ドライバを入れても駄目
・SP3以外のXPだと問題なし


とのこと。結局の所XPのSP3が問題だったようです。XPのディスクについては、一々アップデートするのが面倒なので全部導入済みのディスクを作っていたのですが、どうやらこれが問題だったらしく、
UAA Bus Driverが入らないためHD Audioのドライバも入っていた無かったようです。

解決法としては

http://support.microsoft.com/default.aspx/kb/888111/ja

こちらのHPから修正ファイルをダウンロード、解凍し、その中からhdaudbus.infのあるフォルダを解凍してきて、デバイスマネージャから認識させる。

するとHD Audioが認識されるので、そこから普通にドライバをインストール



これでいけました。nLite使ってる人が少ないのでこんな不具合出てる人は少数だとは思いますが、一応紹介しておきます。

いやー音が出て良かった良かった。

Intel D945GCLF2
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tabularasa2.blog24.fc2.com/tb.php/115-12c8d16f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。